GTP Services

クラウド アプリケーションを利用して 3D モデルへのアクセスを拡大

施工

GTP Services は STRATUS アプリケーションの開発に Forge を活用することで、設計チームとエンジニアリング チームによるファブリケーションや詳細図作成にかかる時間を短縮し、コスト効率を上げることに成功した。

GTP Services は、建設ワークフローのギャップを埋めるソフトウェアを開発する企業だ。 オフィスから製造工場、現場まで、あらゆる建設関連業者のニーズに応えるべく、オートデスクの BIM と仮想設計機能を拡張する製品とサービスを提供している。

Challenge

GTP Services は、BIM に特化したクラウドベースの文書共有ソフトである 360 Team™ と BIM 360 Docs の機能を拡張するアプリケーションを作りたいと考えた。 オフィスや製造工場、現場の BIM 360 Docs ユーザーが、工場での製造やプレハブの組み立て、現場での設置に関連するタスクをより効率的に管理できるようになるアプリケーション、「STRATUS」だ。 しかし、ファイルをやり取りして別々のデスクトップで表示するやり方では、紙の図面や静的なPDFファイルを使用する従来の方法と大して変わりはない。

How GTP solved it with Forge

GTP Services は、チーム全体がもっと簡単にファイルにアクセスできるようにすることを目指し、Forge Viewer を利用した STRATUS のプロトタイプ作成を開始した。この Forge Viewer は、3D/2D モデル レンダリング用の WebGL ベースの JavaScript ライブラリだ。 STRATUS では、さまざまな新機能をユーザーに提供するために Forge プラットフォームを使用した。オートデスク製品のユーザー資格情報は、すべてのアプリケーションで簡単に共有できるようになった。 Deta Management API を利用した機能で、ユーザーは AutoCAD と Revit のプラグインからモデルをパブリッシュできるようになり、また、Model Derivative API を利用した機能で、ユーザーはどこからでも場所を選ばず、好きなデバイスで AutoCAD、Fabrication、Revit のモデルを変換し、Web 表示できるようになった。Forge による主な成果:

「Forge は STRATUS のようなツールの構築には最善のフレームワークです。 施工関連業者にとって AutoCAD、Fabrication、Revit は欠かせないツールです。 Forge を使用すると、設計者やエンジニアは、こうしたツールで作成されたファイルでコラボレーションしやすくなります」

GTP Services 社長 / トッド・リーベ氏

GTP Services application

APIs and Services

Data Management API
Data Management API
Model Derivative API
Model Derivative API
Viewer
Viewer

Autodesk Products

BIM 360

Related Stories

Ready to Get Started?

Try Forge for free by setting up an account and free trial. Explore the resources to learn about the solutions you can build using design and engineering data.

 

Try Forge for free