応用技術株式会社

BIM モデルのデジタル化と共有によって現場検査を合理化

施工

Forge システム インテグレーターとして認定されている応用技術株式会社は、「BIM でつながった世界」の実現を目指して、ワンストップの BIM サービスを提供している。プロジェクト チームとテクノロジーをひとつに統合し、すべての関係者が効率的に BIM モデルを作成・使用できる環境を構築するサービスだ。

 

1917年設立の日本の大手総合建設会社である大成建設株式会社は、同社の顧客だ。 応用技術は大成建設の BIM データをデジタル化して BIM 対応のモバイル アプリを作成し、標準化された建設プロジェクトの検査プロセスを効率化するためにサポートを提供した。

Challenge

日本の建設現場では、検査の実施と追跡に、いまだに紙の図面が多用されることが多い。 「モデル作成者」(BIM ソフトウェア ユーザー)が作成した BIM モデルとデータを、「モデル使用者」(BIM を使用していないことが多い現場検査官などの関係者)に渡すために、紙の図面が使われているのだ。 応用技術は、紙の図面をベースとしたプロセスをデジタル化し、Forge を使用して BIM モデルをクラウド上に置くことで、モデルの作成者と使用者の両方が現場検査に必要な図面に簡単にアクセスできるようにした。こうして大成建設の現場検査プロセスは効率的になった。

How 応用技術株式会社 solved it with Forge

同社はまず、BIM 360 Docs に保存されている図面から梁の配筋情報などの現場検査結果まで、大成建設の建設データをすべて一元的に保管するためのリポジトリを作る必要があった。 応用技術は、大成建設の現場データをクラウド上に保管し、一元管理する手段として Forge を選んだ。

 

大成建設の社員は Forge Viewer と Model Derivative API を利用して BIM モデルをユーザー グループ全体で共有し、表示できるようになった。 同時に、プロジェクト関係者は、もう BIM モデル を共有する際に紙の図面に頼らずに済むようになった。 また、大成建設は、ペーパーレスの検査を標準化するために Forge のテクノロジーを基盤としたモバイルアプリを開発した。 このアプリによって、現場検査で明らかになった問題点の是正にかかる時間は大幅に短縮し、全体的な生産性が向上した。

 

Forge が大成建設にもたらしたメリット:

  • 誰でもタブレットで BIM データにアクセスし、BIM の作業ができるためコラボレーションが強化された
  • 図面と現場検査をデジタル化することで紙の図面が不要になった
  • 検査にかかる時間が短縮し、社員がプロジェクトの問題点を迅速に解決できるようになった

「Autodesk Forge と BIM 360 Docs は図面を共有し、使用するうえで最善の手段です」—大成建設 最高製品責任者 / 大越潤氏

Applied Technology

APIs and Services

Viewer
Viewer
Data Management API
Data Management API
Model Derivative API
Model Derivative API

Related Stories

Ready to Get Started?

Try Forge for free by setting up an account and free trial. Explore the resources to learn about the solutions you can build using design and engineering data.

 

Try Forge for free